いかなる人も踏み迷う

2016年07月

今日地元の祭り。幼なじみの仲間たちと神輿を1日担いだ。3つ下の後輩から『この滝どこの滝だかわかる?』と写真を見せられ、一発で答えると『何でこんな写真1枚でわかるの?』とビックリされたが、直後に『何であっちゃん、そんなに滝に行ってるのに痩せないの?』と質問をされたので、次の休憩ポイントで氷の塊爆弾を背中に投函してやった。

今日、数年前に亡くなった近所のみんなの兄貴分だった人の話をした。人は二度死ぬ。二度目はその人のことを覚えている人たちの記憶からも消え去った時なんだとか。


その点、歴史的人物はいつまでも語り継がれるし、オレみたいな変人がごくたま~にお墓参りにくるんだから、永遠に死ぬことはないんだろうなぁ~。

あちぃなぁ~。この時期はお墓巡りをするとオレの宿敵である蚊の襲撃を避けられないし、草ぼうぼうだったりするからな。

KIMG1732
KIMG1755

パイナップルラーメン。このパイナップルラーメンなるものを提供している「パパパパパイン」というお店によるとこのパイナップルラーメンは『世界初のパイナップルラーメンでスープの4分の1がパイナップル果汁!煮干しと昆布の和風スープにパイナップルの甘味と酸味が加わったあっさりラーメン!おすすめのたまごもパイナップル味!』とのふれこみだった。

そして実際にスープを一口。何だ!以外と普通の醤油ラーメンのスープだった。確かにパイナップルが入っているから甘い味もするのだが、そこまで強い甘味を感じるわけでもない。サクサク食べ進むことができた。

そして最後にお薦めのパイナップルの味付け玉子(100円)を!パイナップル漬けにされているのだろうか?とっても甘い甘いゆで卵になっていた。
KIMG1704
KIMG1768

ちなみにパイナップルと名の付くメニューは「パイナップル醤油ラーメン」「パイナップル塩ラーメン」「パイナップル醤油つけめん」「パイナップル塩つけめん」と4つある。
KIMG1684


また、店内は至るところにパイナップル色の装飾が施されている。まず水を飲むコップは黄色で、ラーメンを食べるカウンターも黄色のタイル張りになっているなど、どこもかしこもパイナップル一色だった。
KIMG1773

さらに「パイナップルエール」という「パイナップルのビール」まである!
KIMG1691
KIMG1781
KIMG1721

いやぁ~やっぱり(パイナップル)ラーメンには(パイナップル)ビールでしょ!KIMG1742

さらに「にんにくのトッピングが無料!」
KIMG1775

『お店の名前・場所』
店  名→パパパパイン
所在地→東京都杉並区西荻南3-12-1 日伸西荻プラザ
KIMG1809
KIMG1660


早いところではもうたんぼの稲が黄金色に色付いているはず。はぁ~これから3ヶ月くらい日本中の棚田を追い掛ける旅をしたい。

このページのトップヘ