いかなる人も踏み迷う

2014年04月

36590b0b.jpg

78d860cb.jpg

97f343cf.jpg

52f2490c.jpg

走水の滝。落差70mの段瀑。もともと落差100mの滝だったそうだが、昭和21年に左岸の岩盤が大崩落し現在のような姿になったとのことである。確かに遠望すると昔は大きな滝であったことが伺えるが、逆に滝壺まで行くと落差は40mくらいの滝に見えてしまう滝である。(もっとも、さらに下段がある)滝は2筋になって落ちているため、主瀑部分の左岸滝直下まで行くと2本の滝が流れているように見える滝である。滝壺まで行ける。いずれにしても岩盤が崩落する前の姿を見てみたかった滝である。3点。

このページのトップヘ