いかなる人も踏み迷う

377511db.jpg

02d7e9ff.jpg

9577aaa3.jpg

8dde8996.jpg

a4700796.jpg

49abab3a.jpg

a0971a5c.jpg

a80bf563.jpg

朝鮮国王姫の墓。ここにはかつて『佐奈豊』という村があったといわれていて、今もお寺の跡が残っている。

さらにこの地域には『豊臣秀吉が朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の際に某武将が朝鮮国王のお姫様を連れて来た』『姫が亡くなる時、母国の見える所に葬ってほしいと言い遺して黄泉の国に旅立った』との伝説があり、数百年間大事に語り継がれてきたという。

このみかげ石の五輪塔の正面には『李�増王姫』側面には『慶長十八甲寅年』の銘がある。

今となっては誰も訪ねてこないであろう廃村にある朝鮮国王姫の墓…。

このページのトップヘ